病院という特殊な環境で起る感染を院内感染といいます。一般の社会では常在菌として害をおよぼさない菌も、 病院内で治療や病で生体防御機構に障害をもった患者にとってみれば、それは生命の危険にさらされる重い病となります。 とりわけ病院環境中で使用される多くの医薬品に耐性を持ってしまった菌、耐性黄色ブドウ球菌や耐性緑膿菌に代表される耐性菌は、 治療に使われる薬も少なく大きな問題となります。
私達は環境の清浄化により、医療環境からの感染防止の為の感染経路遮断という手法により、 院内感染を出来るだけ少なくします。また、医療環境に設備された清浄化を作る為の機材、 とりわけHFPAフィルタなどの機能検査を柱とした清浄度測定などを実施します。