ハクビシンは日本古来の動物なのか、外国からの移入なのか良く分かっていない。
  ハクビシン
成獣の体長50〜70cm,体重3〜5圈鼻筋が白いのが特徴である。
雑食でミカン、カキなども好み夜行性である。
最近では人家の天井裏に住み着き問題になることも多い。

ハクビシンの被害
人家に侵入し、家屋の天井裏などで糞尿をする。また、台所などを荒らされたり、屋根裏を走り騒音になったり、ノミ・ダニの発生や異臭の被害にあう。
 
ハクビシンの駆除
県又は市町村に鳥獣保護法に基づく許可が必要である。