シロアリは、シロアリ目の総称であり、アリとは異なりゴキブリに近いとされている。 関東では木造建築物に被害を与えるのは主として2種類ある。シロアリは木材のセルロースを好み、体内に共生する原生動物がセルロースを分解し栄養源とする。 生息場所は湿度が高く、通風の悪い場所を好む。
  ヤマトシロアリ
有翅虫
 体長:4.5〜7.5mm
 体色:黒色
 翅の色:翅脈は暗褐色
 群飛期:4〜5月の昼間
兵蟻
 体長:3.5〜6mm
 危険時の行動:危険箇所に集まらない
 状態:加害部の一部が巣となり、王室はない。
 構成数:1〜3万匹

  イエシロアリ
有翅虫
 体長:7.5〜9.7mm
 体色:黄褐色
 翅の色:翅脈は黄褐色
 群飛期:6〜7月の夜間
兵蟻
 体長:3.8〜6.5mm
 危険時の行動:危険箇所に集まり攻撃的である
 状態:特別な加工室で円状で大きい。
 構成数:100万匹に達する場合もある

シロアリの被害
木材を食害し、建築物の耐久性を損なう。
 

シロアリの駆除
シロアリの駆除は被害場所が狭い空間であったり、その性質を熟知した専門家が適正な薬剤を使用して行うので、組合や専門家に依頼したほうが無難である。(悪徳業者注意)
 
既設建物駆除、予防1F床面積33岼幣紂1崚り 2,200〜3,000円
新築時予防1F床面積33岼幣紂1崚り 1,000〜1,500円